白馬ハイランドホテル スタッフブログ

スタッフブログ
Staff Blog

  • 地元白馬産の蕎麦粉を使用~蕎麦処りき~

2021.01.12

白馬近郊のグルメ・味覚

地元白馬産の蕎麦粉を使用~蕎麦処りき~

今回、ご紹介するお店はオリンピック道路沿いの瑞穂交差点すぐにあります
「蕎麦処りき」さんです。

">

 

玄関では、このようにタヌキの置き物が皆さんをお迎えしてくれます。
なぜ「タヌキの置き物」があるかというと、「他抜き」という語呂合わせで
「他の店を抜く」ということで置いてあるお店が多いようですよ。
(諸説ございますのであしからず・・・)

お店の中に入ると、このように気さくなご主人が皆さんを迎えてくださいます。

「蕎麦処りき」の蕎麦の最大の特徴は、「白馬で蕎麦を食べるなら、白馬で育った蕎麦粉を
使用したものを食べてもらいたい。」との思いから100%白馬村産の蕎麦粉を使用していることです。
白馬村は寒暖の差が大きいため、水はけもよいと土地であることから、蕎麦の栽培に適しています。
 
また、蕎麦処りきの蕎麦は、他店と比べると色が白いのが特徴です。これは殻を取り除いた蕎麦の実を
石臼で挽き中心に近い部分の粉を使用しているからだそうです。強いコシと心地よい喉ごし、噛むと甘味が
ふわっと香る絶品の蕎麦が作られます。
 
コチラは、ざる蕎麦八方(880円)です。

蕎麦処りきでは、蕎麦の量を北アルプスの山々の名前に例えて量の少ない方から
「八方(150g)」、「杓子(200g)」「鎗(300g)」「五竜(400g)」「白馬(500g)」
と5種類から選ぶことができます。
お腹一杯食べたい方もそうでない方もどちらも満足されること間違いなしです。
(なお、量が増えますと料金もプラスされますのであしからず・・・)
 
続いてのメニューは、おろし蕎麦杓子(1,380円)です。

こちらは、冬季限定今の時期にしか食べられないメニューです。
辛味大根の辛さが食欲を増進させてくれること間違いなしです。
(本当に辛いので、辛いのが苦手な方は控えた方がよいかもしれません・・・)
 
最後は、玉子とじ蕎麦八方(1,200円)です。

スキーなど滑った後には温かいお蕎麦がたまりません。
玉子の甘味がよいアクセントとなってくれています。
このほかにも、丼物や一品料理もありますのでチェックしてみてください。
 
最後はコチラ

料理の写真はございませんが、蕎麦処りきでは「白馬ガレット」も取り扱っています。
そもそもガレットとは、フランス・ブルターニュ地方のそばを使った郷土料理です。
白馬ガレットについては、地元の白馬産蕎麦粉にトッピングは地元産に拘ったものです。
機会がありましたら食べていただければ幸いです。
 
蕎麦処りきさんの
営業時間は、11:00~15:00(蕎麦粉がなくなり次第終了)
定休日は、木曜日と第2・第4金曜日です。
ホテルから足を延ばして是非とも味わってほしいお店です。
 
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 
セレクトショップの人気商品がここに!
白馬ハイランドホテル Smile Shop
https://898highland.thebase.in/

メルマガ会員募集中です。旬の白馬の情報をお届けします。
詳しくはコチラまで
http://www.hakuba-highland.net/page/179

ブログ記事のコメントやご意見など、
お気軽にこちらにいただければ幸いです。
はいらんど談話室
https://Hakuba-highland.apage.jp/

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

カテゴリーCategory

月別アーカイブArichve

ページの先頭へ戻る