ホテル目の前のゲレンデ、白馬ハイランドスキー場・スノーパークは営業を終了いたしました

(旧)白馬ハイランドスキー場

ホテルの目の前ゲレンデ
白馬ハイランドスキー場は現在営業しておりません。また、今後営業の予定もございません

この度は白馬ハイランドホテル・白馬ハイランドスノーパークのページをご覧頂きありがとうございます。
ホテル目の前のスキー場 : 白馬ハイランドスノーパーク(白馬ハイランドスキー場)は2008~09年のシーズンを最後の営業年として、閉鎖いたしました。残念ながら今後スキー場としての営業の予定は今のところありません。
 
このページは当初、削除してしまおうと考えていましたが、周囲のみな様から、あったという記録としてもページを残しておいてほしいというありがたい声を多数いただきました。
手元にある資料の数は多くはありませんが、せっかくですので、その一部を公開します。
昭和40時代から長い間、親しまれてきたスキー場
開業は昭和47年(1972年)、実際の営業は昭和48年からだったとも言われています。
地元の一部の方がスキーを担いで滑っていた蕨平スキー場という、何もないところに都内の日●交通グループの会社がリフトをかけて今のスキー場の原型ができました。
同じ頃、今の白馬ハイランドホテル、当時のグリーンクラブが開業したそうです。
それから35年余り。1990年代、バブル時代のスキーブームも去り、2007年に白馬ハイランドホテルの経営が信学会から独立した際に、ホテルの経営を離れました。
白馬ハイランドホテルとしてのスキー場経営は2007年の3月まででした。

2007年の12月シーズンからは蕨平地区の方と、AOスポーツで「白馬ハイランドスノーパーク」として2シーズンを営業しましたが、2009年3月1日(日)を最後の日として営業を終了いたしました。

白馬ハイランドスキー場思い出のアルバム

スキー場関連の当時のパンフレットなど

スキー場のパンフレットや資料もせっかくですので公開します。
温泉の入浴割引券が付いているものがありますが、今はご利用いただけませんので、あらかじめご了承下さい。

2005-2006スキー場パンフレット 2006-2007スキー場パンフレット 白馬ハイランドスノーパークパンフレット白馬ハイランドスノーパークパンフレット最後
 
  • 左はスキー場のロゴの色や形のバリエーションシート
  • 2番目は2006シーズンのスキー場パンフレット。観光カタログをイメージして製作されました
  • 3番目は2007シーズン、白馬ハイランドホテル直営時、最後のパンフレット。裏面の地図が手書き風になっています
  • 4番目が2007-2008シーズンに白馬ハイランドスノーパークとして初営業を行なった時のパンフレット
  • 5番目は2008-2009シーズン、スキー場として最後の営業となった白馬ハイランドスノーパークのパンフレット

消え行くスキー場の灯火

ついに行なわれたスキー場の取り壊し
2009年の春に営業を終えた白馬ハイランドスノーパーク。スキー場の解体は翌年、2010年の秋に行なわれました。この年は風が一段と冷たく感じた秋でした。

-スキー場解体の頃の記憶-

白馬ハイランドスノーパークのマスコットキャラクター
2009年春に営業を終了したときには、このまま終わると思っていませんでしたが、そのまま夏が来て秋の声を聞いても、冬の営業の話が出ませんでした。
この秋に白馬ハイランドスノーパークのホームページに『次シーズンのスキー場の経営は断念します』という旨の通知があり、そのまま12月になってもスキー場は沈黙したままでした。

そして2010年夏、地元蕨平からホテルに声がかかり、リフトなどを撤去する旨の通達が入りました。夏休みの終わった9月1日、数台のブルドーザーやダンプカーがやってきて、作業が始まり、11月上旬にスキー場にあったリフトや照明などは全て解体されました。
 

ゲレンデのトップまで登ると見られる景色

白馬ハイランドスキー場上部からのパノラマ風景

ホテルの玄関からゲレンデ跡地を歩くこと30分から40分
もちろん登り一辺倒ですが、登った先にはそれはすばらしい景色が広がっています。
この眺めを見るだけでも価値があると思うほどの,絶妙な距離感と迫力が楽しめます。
※周囲の樹木がだんだんと成長してきているため、少しずつですが景色が見えにくくなってきています。あらかじめご了承くださいませ。

ページの先頭へ戻る