手軽に展望を楽しめる白馬八方・北尾根高原へ行ってみよう

北尾根高原を遊ぼう

白馬村北尾根高原へ行こう
歩かない人歓迎!半日で楽しめる山岳観光コース
子供無料の北尾根高原白馬八方尾根の夏
2017年8月は小学生以下のお子様はリフト乗車が無料!
上の画像クリックで夏のリーフレットをご覧いただけます(pdf)

北尾根?聞いたことがないけれど・・。

北尾根高原は白馬村に新しく整備された標高1200mの高原です。八方尾根の北側にある尾根で、スキーをする方にはおなじみかもしれません。
ホテルから見る八方尾根と北尾根の位置関係はこんな具合です。
北尾根高原ってどこにあるのかな
リフトに乗って歩かずに訪れることができる、半日観光にオススメのスポットです。
5月に白馬にきたら「絶対」おすすめしたい北尾根高原
  • 5月の時期は、新緑がとにかくきれいです
  • 山の残雪が多い時期で、それを近くから見上げられます
  • 5月は八方尾根や栂池自然園にまだ行くことができませんが、北尾根にあがることでアルペンムードを味わうことができます
※6月以降も営業していますが、5月は特におすすめしたい季節なのです。
夏の暑い時だって楽しめる北尾根高原
  • リフトでほんの少し登るだけでやっぱり風が気持ちいい(標高1200m×-0.6℃=平地より7.2℃涼しい)
  • 2017年からできることが増えて、いく「価値」があがりました(タオルも用意されている足湯、8月は小学生以下はリフト無料)
  • 夏でもやっぱりここから見るアルプスの迫力がすごい
手軽さをおすすめしたい北尾根
  • リフトに往復乗車するだけなので、ほぼ歩かなくても楽しむことができます
  • 北尾根高原の見学所要時間は1時間から2時間で充分に満喫できます
  • 山麓からリフトに乗車して、たったの10分でこの景色に出会えるという価値が◎です。
北尾根高原で何をしよう?
  • 第一位! 迫力の山の景色を見る
  • のんびりと高原の気分を味わう(そしてピザを食べちゃう!)
  • リフトに乗ってちょっとした空中さんぽを楽しむ
  • (ちょっと贅沢な使い方)わざわざリフトに乗って、山の上でお弁当またはランチを食べにあがる
  • 絶景の足湯があるので、足湯に入って山の景色を眺める、夕方の涼しい風を体で贅沢に受ける
たくさんではありませんが、季節の山の花も咲いています。また、歩いている中でふと足元に視線を落とすと、小さく、かわいらしい花を見つけられることがあるかもしれません。
北尾根に上がるリフトのこと
4人まで乗れるリフト
ベンチ型のリフトで、登りは最大4名様まで、下りは最大2名様まで一緒にご乗車いただくことができます。
リフトは乗降時に減速をしてくれますので、焦らずにゆっくり乗ることが可能です。
ただ、それでも心配だという方もご安心下さい。
リフトに乗る際には「必ず」係員がいます。その方に『リフトに乗るのは苦手』と言っていただければ、場合によりますが、一時的にリフトを停止して、乗り降りに配慮してくれることもあります。

乗車中は安全バーがあるので、それにつかまってご乗車下さい。

※ポケットの中のもの、帽子やリュックのペットボトルなど、リフトから落下してしまうことがありますので、ご注意くださいませ。

絶景ポイント「北尾根の池」

この景色までリフトを降りて徒歩2分
歩くのが得意じゃなくても見ることができる、まるで「八方池」のような眺めがあります。
  • 北尾根の池・春
  • 北尾根の池・晩秋の頃
  • 北尾根の池の朝焼け
  • 早春の北尾根の池
  • 冬の入り口北尾根の池
  • 花の咲く北尾根の池

展望台まで歩いてみよう!

せっかく山の上まで来たのだから、少しは歩きたいな。いい景色が見たいな。
そんな方は、リフトを降りた場所から「展望台」まで歩いてみることをおすすめします。
ゲレンデ >> 林の中 を歩くコースで、往路はゆるやかな登り、帰路は同じ道を戻ります。往路でゆっくり歩いて約20分ほど。景色を見て、往復約1時間ほどのミニハイク。緑に包まれながら、アルプスの麓を歩いてみましょう。
北尾根を歩いてみましょう
天気がいい日は白馬村北尾根高原を歩こう
絶景ポイントのある北尾根高原

北尾根高原散策マップ

北尾根高原散策マップ

実際のマップは北尾根高原のリフト乗り場でもらうことができます。左図のような季節ごとの情報入りマップです。
北尾根高原はこれから少しずつ進化していく場所なので、このページで掲載している情報の一部は将来変更になったり、なくなったりすることがあるかもしれませんが、ご了承下さい。

また、おなじみ?のホテルオリジナルマップもご用意しました。こちらからダウンロードが可能です。
(地図は2015年作成のものです)

北尾根高原マップ(pdf234kb)

 

北尾根フォトギャラリー

北尾根へのアクセス

ホテルから北尾根高原のリフト乗り場までは車で約10分の距離。
リフト乗り場に無料駐車場があります。

リフト乗り場は「和田野の森教会」の50mほど先にあります。
カーナビで電話番号検索 和田野の森教会 0261-72-5048

北尾根リフト乗り場の駐車場入口
 
ホテルからの無料シャトルバス
ホテルから北尾根高原の玄関口である、咲花ゲレンデまで無料シャトルバスが運行しています。
気軽にご利用ください。
2017年 6月、9月、10月のスケジュール
ホテル発 白馬駅 八方ゴンドラアダム着 北尾根リフト乗り場着
※8:00 8:05 8:15
※9:00 9:05 9:15
北尾根リフト発 八方ゴンドラ発 白馬駅 ホテル着
※13:50 14:00 14:10 14:15
※14:50 15:00 15:10 15:15
2017年 7月、8月のスケジュール
ホテル発 白馬駅 八方ゴンドラアダム着 北尾根リフト乗り場着
※7:50 7:55 8:00 8:10
9:00 9:27
※10:00 10:05 10:10 10:20
13:30 13:57
北尾根リフト発 八方ゴンドラ発 白馬駅 ホテル着
13:00 14:15
※14:50 15:00 15:10 15:15
16:00 16:27
  • その日の交通状況などで時刻が多少ずれる場合があります。
  • ※印のバス利用希望のお客様は、乗車10分前までにフロントにお知らせ下さい。
  • 送迎バスは、乗車または下車するお客様がいない際は通過いたします

北尾根高原データ

営業期間 2017年4月29日(土)〜5月28日(日)、7月1日(土)〜11月5日(日)
営業時間 8:00〜16:00 ※繁忙期は、早朝・延長運行するそうです
正規料金 大人:往復 1000円(片道 600円)、小学生:往復 700円(片道 420円)、未就学児は無料
2017年8月は小学生は無料でご利用いただけます。
前売り割引券 大人:往復 900円、小児:往復 630円(片道リフト券の取り扱いは行っておりません。)

北尾根高原のお土産といえば

八方温泉まんじゅう

 ここに来たらお土産はこれ!


北尾根高原の開業に合わせ、新登場したお土産です。

白馬八方温泉まんじゅう

もっちりとした食感の黒糖の皮の中には良質のつぶ餡が隠れています。お茶やコーヒーと一緒に、お土産にも喜ばれる一品。
もちろんそのままパクリと口にほおばるのがいいですが、電子レンジで10秒ほど温めてみると、黒糖の香りが立ち上がります。
白馬八方温泉まんじゅう 6個入 590円
お土産に、まとめて買ってしまいましょう。

ページの先頭へ戻る